• HOME
  • ブラックリストについて

ブラックリストって何?

 

実はブラックリストというリストが存在するわけではありません。

みなさんがクレジットカードを作ったり、ローンを組んだり、お金を借りた時などに

その情報を信用情報機関という機関が管理する、「信用情報」に掲載されます。

 


ところが、一定の事情が発生した場合、例えば、返済が遅れたり、破産した場合などに、延滞情報
破産情報などが『事故情報
』として信用情報に追加掲載され、みなさんの
信用情報にキズが入ることになります。

 
その結果、新たにローン契約やクレジット契約などを組む際に、業者側が信用情報

確認する審査の中で、はじかれてしまうことになるのです。

 

 ですから、一般的に言われている、『ブラックリストに載る』というのは、
 『信用情報
にキズが入る』ということを指すのです。

   resize0038.png

 

事故情報の登録期間は、事故情報の種類によって様々ですが、例えば、JICC(日本信

用情報機関)では、延滞情報であれば延滞が解消するまで登録され、破産情報であれ

ば5年を超えない間は登録されるとしています。(※登録機関の詳細は、JICCHP

をご覧ください。)

 

それでは、過払い金の返還請求について司法書士や弁護士などの専門機関に業務依頼を

した場合、信用情報の取り扱いはどうなるでしょうか?

実際は以下のとおりとなっています。

 

完済した状態で過払い金の返還業務を専門機関へ依頼した場合

 ①信用情報には事故情報は登録されません

  ※平成22年4月19日より「契約見直し情報」の登録は廃止となっています。

  ↓

 ②業者(借入先)との過払い金の返還についての和解成立

 

  

      ※①~②の間に事故情報が登録されることは一切ありません。

 

債務が残っている状態で過払い金の返還業務を専門機関へ依頼した場合

 ①信用情報に「債務整理情報」として登録

    ↓

 ②業者(借入先)との過払い金の返還についての和解成立

    ↓

③業者(借入先)が信用情報機関へ「債務整理情報」の抹消申請を行う

ただし、業者側が抹消申請を行うため、業者により申請が遅くなったり、

 申請懈怠が起こることが事例としてあります。

 

 

  ※①~③までの間のみ、事故情報(=債務整理情報)が登録されることと

なっています。

 

 
 

 

 

自己破産によくある勘違い
 


◆無料相談を実施しています!お気軽にご相談ください。◆
bana.saimu.png

お客様の声  ご相談の流れ  事務所紹介  スタッフ紹介
料金表     アクセス

無料相談会実施中!  お客様の声はこちらお気に入りに追加する 料金表 刈谷駅前店アクセス 
img_side02.jpg
事務所サイトはこちら あいち相続窓口センターはこちら 対応エリア