気をつけて! 総量規制 

ついに、平成22年6月から、借入金の総量規制が始まりました。
実は、すでに、取引先のクレジット会社や貸金業者から、通知をうけ、所得証明の請求を受けている方もいらっしゃると思います。

この総量規制とは、簡単にいえば、借金の借入金を年収の1/3までに制限するということです。
これにより、あなたが受けるかもしれない影響は・・・

 1  追加貸し出しが制限され、なんとか回してきた生活が成り立たなくなる。
 2  取引先業者から、毎月返済額の増額を要請される
 3  カードでのショッピングができなくなる

等が、考えられます。


日本貸金業協会等の統計によりますと、現在のローン利用者のうち、この総量規制にひっかかる世帯は、約40%にもなるというデータがあります。

◆データ一部抜粋
現在のローン利用者のうち、41%が世帯年収の3分の1を超えている。つまり、約4割が総量規制による影響を受ける。単純に計算すると、約25兆円の消費者ローン市場のうち約9兆円、1人当たりの平均借入総額を250万円と想定すると、約360万人が影響を受ける計算になる。

総量規制により、非常に多くの方たちの生活に影響がでることはまちがいありません
借金やローンをお持ちの方で、今までなんとか生活できてきたのに、突然、借入がストップされたり、返済額の増額を求められ、生活ができなくなることは十分予想されます。

まさに、大不況と総量規制のダブルパンチで、生活がノックアウトされてしまうかもしれません。


現在できる対処は・・・

早めに自己の借金総額を把握して、自己の年収と見比べ、将来の状況を予想することです。
たとえば、過払い金や債務整理といった法的な方法を検討することも有効な対応になるかもしれません。

何事も、事前の対策があれば、苦しみも軽減できます。
ひとりで悩まず、まずは専門家にご相談されることをお勧めいたします。


 ◆総量規制の詳細については こちら (日本貸金業協会HP)
 ◆過払い金については こちら
 ◆借金整理された方の声は こちら


◆無料相談を実施しています!お気軽にご相談ください。◆
bana.saimu.png

お客様の声  ご相談の流れ  事務所紹介  スタッフ紹介
料金表     アクセス

無料相談会実施中!  お客様の声はこちらお気に入りに追加する 料金表 刈谷駅前店アクセス 
img_side02.jpg
事務所サイトはこちら あいち相続窓口センターはこちら 対応エリア